保険の基本の形

生命保険を考える時に、3種類を理解しておけば、ご自分で保障を組み立てること、現在加入されている保障内容を理解するのにも役に立ちます。

定期保険
亡くなった時にもらえる保険金を「死亡保険金」と言います。
この定期保険は、保険期間中、万が一亡くなっても、死亡保険金を受け取れます。そして保険期間を過ぎると保障はなくなります。

養老保険
養老保険も、保険期間中、万が一亡くなっても、死亡保険金を受け取れます。そして、保険期間を過ぎたら、先ほどの定期保険と同様に保障は無くなってしまいます。ただし、満期時に無事生存されていた場合、死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることが出来ます。つまり、万が一お亡くなりになってもそうでなくても受取れます。

終身保険
終身保険は保険料払込期間が終了しても保障は一生涯続きます。人はいつか必ず亡くなるものです。
何歳でお亡くなりになっても、残されたご家族の方が死亡保険金をお受け取りになることが出来ます。
保険の基本的な形はこの3つです。もちろん基本だけではなく応用もありますが、あなたが現在加入されている保険も、ほとんどこの3つのどれかに当てはまります。ただ、この3つの保険が単独ではなく、組み合わせて一つの商品として加入されている場合がほとんどなのです。
ご自分の保険証券を確認してみてください。これらの基礎知識を理解した上で、ご自分に合った保障内容を考えましょう。
[BACK]